保険情報

保険事業とは加入者数が充分大きければ危険率は一定の経験値に収束する、という大数の法則により、危険率に見合った保険料を徴収すれば収支が均衡するはずである、という考え方に基いている。

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

hoken2008

Author:hoken2008
FC2ブログへようこそ!

Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
  • template by syokuyou-mogura

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

富国生命保険2008年度下期の運用計画は収益よりも安全性を重視

  • 富国生命保険は2008年度下期の一般勘定資産の運用について、足元の金融市場の混乱を背景に、収益よりも安全性を重視する方針で、当面、積極的な投資を控える計画を明らかにした。⇒保険情報

 2008年4月の時点では、2008年度中に国内株式を150億円程度買い増す予定だったが、株価急落後の下げ止まり感がないとの見方から見送りとなった。一方、国内債券については500億円程度減らす計画だったが、年明け以降に買う可能性が高まっている。 
 同社取締役・財務企画部長の櫻井祐記氏が15日、ロイターとのインタビューで述べた。詳細は以下のとおり。
 富国生命の一般勘定の運用資産残高は2008年6月末で約5兆6000億円。2008年度下期の運用計画については、世界的な金融市場の混乱が収束するにはまだ時間を要すると見方から、引き続き「収益を追求するよりは、損を出さない運用」(櫻井氏)に徹するという。
 櫻井氏は現在の運用方針について「キャッシュ イズ キング(キャッシュが王様)、シンプル イズ ベスト」と表現。米政府は14日、金融機関に総額2500億ドルの資本を注入する計画を発表したが、資本注入の対象となる金融機関のサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)関連の損失額がまだ判明していないことから、金融問題解決までの道のりは遠いとみている。櫻井氏は「流動性を確保して有事に対応することが優先。値下がりしそうなものはすぐに売るスタンスだ」と述べた。 
 <国内債券、中長期的には投資意欲>⇒保険情報最新ニュースはこちら
 国内債券については4月時点では500億円程度減らす計画だったが、年明け以降に買う可能性が高まっているという。短期的には各国とも金融支援策による財政負担の増大から国債増発懸念がある一方、日本の増発懸念は主要国・地域のなかでは限定的となりそうなことなどから、中長期的には投資意欲を持っている。
 2008年度下期の10年債利回りの予想レンジは1.2%─1.8%を予想している。
 <国内株式の買い増し計画は見送り>
 4月時点では2008年度に国内株式を150億円程度買い増す予定だったが、足元の株価を急落を受けてこの計画は見送られた。櫻井氏は、1)市場の6割─7割を占める海外投資家が日本株を買っていない、2)輸出依存度の高い日本企業の収益悪化は確実で、配当利回りも下がると予想している ─などの点を背景としてあげた。
 世界的な景気減速を受けて輸出株が軟調となるなか、ディフェンシブ株が物色されているが、ディフェンシブ株についても見送りの姿勢。「短期筋が物色しているようだが、国内の人口が頭打ちの状況で内需関連に代表されるディフェンシブ関連企業の収益がどんどん上がっていくことは想定できない。長期マネーにとって投資妙味はあまりない」(櫻井氏)という。
 2008年度下期の日経平均の予想レンジは7000円─1万円。3月末は9500円程度を予想している。櫻井氏は、景気悪化などこれから悪い材料がいくらでも出てくるため、日経平均が8000円で下げ止まったとはみていない。「株価純資産倍率(PBR)やPER(株価収益率)など、テクニカルな尺度も機能しておらず、日本株が割安とは断言できない。従って買い場とはみていない」(櫻井氏)と慎重だ。 
 <外国証券には慎重姿勢>
 外国証券については、ここ2年間でドル資産からユーロ資産へのシフトを進めてきたが、最近のユーロ安を映じて、ユーロのオーバーウエートをややドルに戻した。ただ、米国では大統領選を控えており、新大統領の財政政策などがまだみえてこないことから、ドルに大きく投資することはない。金融機関への公的資金注入などで米国の財政赤字が拡大する一方、連邦準備理事会(FRB)の資産内容も悪化し、ドルには売り圧力がかかりやすいためだ。
 もっとも、ユーロ圏についても、金融問題や実体経済などこれから悪化することが予想されるため、ユーロ資産も買いづらいとしている。為替が対ドル、対ユーロともに円高に傾いていることから、目先、外債を圧縮して円債に振り分ける可能性もあるという。
 2008年度下期のドル/円の予想レンジは1ドル85円─105円となっている。年度末は95円程度を予想。一方、ユーロ/円の予想レンジは1ユーロ120円─150円で、年度末は130円程度とみている。
 <その他資産>
 ABS(資産担保証券)やヘッジファンドを含むオルタナティブ投資については、ほとんど行っていない。サブプライムローンの保有はない。コモディティは業態上、直接投資に制限があるうえ、流動性の低さから投資対象になりづらいという。
 なお、破たんしたリーマン・ブラザーズ関連の資産については、6月末時点で約2000万円を間接保有している。
 (ロイター日本語ニュース 石渡亜紀子記者 大塚理加記者;編集 宮崎 大)

収益よりも安全性を重視=08年度下期・富国生命運用計画(Yahoo!ニュースより)

2008/10/28/ 00:53 富国生命保険 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

三井生命保険の2008年度下期の一般勘定資産の運用計画 / HOME / 大和生命保険破綻 保険契約者は契約内容の変更、解約はできない


コメント



自動車保険の保険料ってどれくらい差があるんだろう?と疑問に思ったらここをチェック!実際に一括見積もりを利用した20代~50代のドライバーの自動車保険の見積もり結果を徹底比較
【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

保険業界あいおい損害保険三井生命保険アメリカンファミリー生命保険明治安田生命保険日本生命保険ソニー生命保険かんぽ生命保険富国生命保険住友生命保険アリアンツ生命保険AIG&AIGスター生命保険損害保険ジャパン朝日生命保険エキスパートアライアンス太陽生命保険日本興亜損害保険ライフネット生命保険第一生命保険プルデンシャル生命保険ハートフォード生命保険カーディフ生命保険社会保険時事情報



保険モールは、従来の保険サイトとは違い、単なる無料見積り依頼だけでなくじっくりとウェブ上で各社の保険内容を見て選ぶことを可能にした新サービスです。自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。⇒生命保険の検討なら、その場で各社の保険料が見られる保険モール


ダイナースクラブカードは最短10分審査・旅行傷害保険最高1億円 詳細はこちら。

相互リンク検索エンジン~AtoZ♪Search~
総合検索:SEOアクセス向上サーチ

HOME

:保険 :生命保険 :自動車保険 :損害保険 :火災保険
保険情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。