保険情報

保険事業とは加入者数が充分大きければ危険率は一定の経験値に収束する、という大数の法則により、危険率に見合った保険料を徴収すれば収支が均衡するはずである、という考え方に基いている。

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

hoken2008

Author:hoken2008
FC2ブログへようこそ!

Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
  • template by syokuyou-mogura

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

損害保険会社大手6社が09年3月期予想を下方修正

  • 大手損害保険会社6社は19日、2009年3月期の連結業績予想を相次ぎ下方修正した。世界的な金融危機によって、保有株式やクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の関連損失を見込むほか、金融商品の保証保険で支払いが発生する可能性があるため。⇒保険ブログランキング

 東京海上ホールディングス<8766.T>が有価証券運用などで1270億円の関連損失を見込むほか、損害保険ジャパン<8755.T>は債務担保証券(CDO)の支払い保証を中心に1430億円の関連損失を予想。損保ジャパンは当期純損益が赤字に転落する。
 東京海上HDは09年3月期の当期純利益を前年比61.4%減の420億円に下方修正した。従来予想は1500億円。世界的な株価下落を受けて有価証券運用で損失が発生する見通し。関連損失1270億円の内訳は、株式の減損処理など有価証券評価損で730億円のほか、CDSで150億円、資産担保証券(ABS)で170億円、金融デリバティブで120億円、金融保証特約再保険で100億円の損失を見込む。
 記者会見した本田大作専務は通期予想の下方修正について世界的な株価下落による「特殊な要因」と強調した。予想の前提株価は日経平均株価で9500円。通常なら9月末の株価水準を前提に通期予想を算出するが、今期はリーマン・ブラザーズの経営破たんを受けて10月以降の株価下落を考慮したという。⇒保険ブログランキングはこちら
 損保ジャパンは09年3月期の当期純損益を従来予想の540億円の黒字から520億円の赤字に下方修正。赤字決算は2003年3月期以来6年ぶり。11月4日に4―9月期の中間当期純利益を上方修正した直後に通期予想を下方修正したことになる。記者会見した大岩武史常務執行役員は、中間期の上方修正は台風などの自然災害が想定を下回ったためと強調した一方で、通期予想の下方修正は、下期以降の金融市場の混乱を大幅に織り込んだめとした。
 金融市場の混乱を受けて、損保ジャパンは通期の関連損失1430億円を見込むが、内訳は、株式などの減損が730億円、金融商品の保証保険の支払備金に700億円を予想。特に金融商品保証の支払備金は合計11本のCDOの保証を引き受けているためで、元利払いが不足したり元本が毀損(きそん)したりすれば支払い義務が発生する。11本の残高は2456億円。今期に見込む700億円の支払備金でカバーされない1756億円は「十分に精査した」(大岩常務)としているが、今後のCDOの価格動向によっては、追加計上の可能性も出ている。
 <株価下落のほか欧州の金融破たんも響く>
 三井住友海上グループホールディング<8725.T>は09年3月期の当期純利益予想を前年比200億円に下方修正した。従来予想は520億円で、08年3月期の実績は400億円だった。金融市場の混乱の損失見込み合計は通期で1250億円。株式など有価証券評価損で750億円のほか、相次ぐ金融機関の破たんを背景に欧州の信用保険業務で450億円の引き当て処理を行う。
 あいおい損害保険<8761.T>は今期の当期純利益について、従来予想の140億円から50億円に下方修正。08年3月期の実績はサブプライム関連商品の損失計上で31億円の赤字だったが、今期はサブプライム関連に関わらず、株価下落や証券化商品の損失などによって合計400億円の関連損失を見込む。上期に有価証券評価損を計上したのに加え、下期は260億円の追加損失を見込む。下期以降にはサブプライム関連商品の処分など「リスク高い資産は整理する」(あいおい・梅村孝義常務執行役員)計画。
 また、日本興亜損害保険<8754.T>はCDOなど証券化商品への投資は限定的だが、株式や投資信託など有価証券評価損を通期で100億円を見込み、今期の当期純利益を従来予想の130億円から90億円に下方修正した。また、ニッセイ同和損害保険<8759.T>も今期の当期純利益を従来予想の70億円から35億円に下方修正。4―9月期には株の減損処理などで33億円の有価証券評価損を計上したが、10月以降には運用資産の入れ替えで50億円の損失を予想する。
 (ロイター日本語ニュース 村井 令二記者)

損保大手6社が09年3月期予想を下方修正(Yahoo!ニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081119-00000006-reu-bus_all

2008/11/28/ 19:13 保険情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

損害保険大手6社が金融危機直撃 / HOME / 損害保険大手6社中間決算は金融危機が直撃


コメント



自動車保険の保険料ってどれくらい差があるんだろう?と疑問に思ったらここをチェック!実際に一括見積もりを利用した20代~50代のドライバーの自動車保険の見積もり結果を徹底比較
【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

保険業界あいおい損害保険三井生命保険アメリカンファミリー生命保険明治安田生命保険日本生命保険ソニー生命保険かんぽ生命保険富国生命保険住友生命保険アリアンツ生命保険AIG&AIGスター生命保険損害保険ジャパン朝日生命保険エキスパートアライアンス太陽生命保険日本興亜損害保険ライフネット生命保険第一生命保険プルデンシャル生命保険ハートフォード生命保険カーディフ生命保険社会保険時事情報



保険モールは、従来の保険サイトとは違い、単なる無料見積り依頼だけでなくじっくりとウェブ上で各社の保険内容を見て選ぶことを可能にした新サービスです。自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。⇒生命保険の検討なら、その場で各社の保険料が見られる保険モール


ダイナースクラブカードは最短10分審査・旅行傷害保険最高1億円 詳細はこちら。

相互リンク検索エンジン~AtoZ♪Search~
総合検索:SEOアクセス向上サーチ

HOME

:保険 :生命保険 :自動車保険 :損害保険 :火災保険
保険情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。