保険情報

保険事業とは加入者数が充分大きければ危険率は一定の経験値に収束する、という大数の法則により、危険率に見合った保険料を徴収すれば収支が均衡するはずである、という考え方に基いている。

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

hoken2008

Author:hoken2008
FC2ブログへようこそ!

Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
  • template by syokuyou-mogura

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

ライフネット生命保険の保険商品の原価全面開示に業界反発?

  • インターネット専業の生命保険会社として今春開業したライフネット生命保険が、保険商品の原価の全面開示に踏み切った。生命保険のコストは、保険金の支払いに充てられる部分と、保険会社の運営費や利益になる部分があるが、これまで内訳が明らかにされたケースはなかった。ライフネットは、人件費や手数料を抑えた価格優位性をアピールし、顧客獲得に結びつける戦略だが、大手を含めた生保各社は「質に見合った価格設定」と反発している。⇒保険ブログランキング

 ライフネット生命は11月21日、中間決算発表に合わせて全商品の原価を、ウェブサイトなどで公開した。それ以来、サイトの閲覧数は増え続け、8日には1日当たりのアクセスが開業以来最高の24万件に達した。

 保険料の内訳を大別すると、保険金の支払いに充てられる「純保険料」と、運営費や利益になる「付加保険料」(手数料)に分けられる。このうち、純保険料は、年齢・性別や金利水準などから計算され、生保各社でほぼ同額になるが、付加保険料は、販売形態やサービス内容、商品特性、利益率、保険会社の事業効率などによって金額に差が出てくる。

 ライフネット生命は、販売網をネットに限定したため、営業担当職員の人件費や販売店への手数料がかからない仕組みだ。その分、付加保険料は大幅に安い。例えば、40歳の男性が10年定期で保障が1000万円の死亡保険に加入する場合、毎月の保険料は2580円。このうち、純保険料は1923円を占め、付加保険料は約25%の657円にとどまる。

 一方、ある大手生保の場合、同じ条件で試算すると、毎月の保険料は約5500円になる。純保険料がほぼ同額とすれば、付加保険料は3600円程度とみられ、ライフネット生命の5倍になる計算だ。

 ライフネット生命は、自動車や家電と違い、手にとって見ることができない生命保険は比較できる情報が少なく、適正な価格競争が起きていないと指摘し、「原価の開示によって、生命保険を選ぶ際の判断材料が多くなればいい」と話す。

 ただ、ある国内大手生保は「手数料が高くても、サービスの質の高さなど、納得してもらえる理由がある」と訴え、原価だけで単純比較されることを牽制(けんせい)する。⇒保険ブログランキングはこちら

 「洋服と同じで、高級品が欲しい人もいれば、最低限の機能と安さを追求する人もいる」とし、自社のサービスを高級品に例え、対面でのコンサルティングやコールセンターなど、人的サービスが省略されるネット生保との違いを強調する。

 原価の開示が広がれば、保険料の価格競争が活性化する可能性がある。しかし、業界内には値下げ合戦を避けたい思惑もあり、開示に追随する動きは起こらないとの見方が強い。(滝川麻衣子)
ライフネット生命、原価を全面開示 「安さ単純比較」業界“渋い顔”(Yahoo!ニュースより)

ライフネット生命保険カテゴリー

2008/12/17/ 15:10 ライフネット生命保険 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

日本損害保険協会「環境問題に関するアンケート」の調査結果がまとまった / HOME / ライフネット生命保険 付加保険料開示でアクセス数過去最高を記録


コメント



自動車保険の保険料ってどれくらい差があるんだろう?と疑問に思ったらここをチェック!実際に一括見積もりを利用した20代~50代のドライバーの自動車保険の見積もり結果を徹底比較
【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

保険業界あいおい損害保険三井生命保険アメリカンファミリー生命保険明治安田生命保険日本生命保険ソニー生命保険かんぽ生命保険富国生命保険住友生命保険アリアンツ生命保険AIG&AIGスター生命保険損害保険ジャパン朝日生命保険エキスパートアライアンス太陽生命保険日本興亜損害保険ライフネット生命保険第一生命保険プルデンシャル生命保険ハートフォード生命保険カーディフ生命保険社会保険時事情報



保険モールは、従来の保険サイトとは違い、単なる無料見積り依頼だけでなくじっくりとウェブ上で各社の保険内容を見て選ぶことを可能にした新サービスです。自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。⇒生命保険の検討なら、その場で各社の保険料が見られる保険モール


ダイナースクラブカードは最短10分審査・旅行傷害保険最高1億円 詳細はこちら。

相互リンク検索エンジン~AtoZ♪Search~
総合検索:SEOアクセス向上サーチ

HOME

:保険 :生命保険 :自動車保険 :損害保険 :火災保険
保険情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。