保険情報

保険事業とは加入者数が充分大きければ危険率は一定の経験値に収束する、という大数の法則により、危険率に見合った保険料を徴収すれば収支が均衡するはずである、という考え方に基いている。

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

hoken2008

Author:hoken2008
FC2ブログへようこそ!

Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
  • template by syokuyou-mogura

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

日本生命保険・岡本国衛氏「金融危機には対応できる」

  •  ??金融危機の影響が深刻化しているが

     「わが社は120年の歴史の中で、関東大震災も第二次世界大戦も経験し、すべて保険金を支払ってきた。30年、50年の長期にわたる保険契約期間には、いろいろなリスクが潜んでいる。こうした経験をふまえ厳格なリスク管理を行っており、対応できる」⇒保険ブログランキング

 ??危機に対応するための経営方針は

 「単年度決算で結果を求められる株式会社と違い、相互会社の生保は長期の視点で経営ができる。内部留保を厚くすることで会社の健全性を保つことが、結果的に契約者の利益につながるという方針に確信をもっている。保有株にしても、下落したからすぐに売るのではなく、ある意味、日本的でウエットな、どっしりと構えた経営ができる」

 ??株価が低迷するなか、平成20年度下期に国内外の株式投資を1000億円増やす計画を打ち出しているが

 「リスクに対応するため、これまでに積んできた資本がある。短期的な市況の悪化に左右されることなく、当初の計画通りに、株式を買い進めている。そうはいっても、積み増し分は総資産額48兆円のうちの1000億円で、大きな割合ではない」

 ??営業職員による伝統的な販売方式を主力に置いているが

 「お客さまの生活様式の変化や営業職員の高齢化などの理由で、既存のビジネスモデルが時代に合わなくなってきたというような、単純な話ではない。商品についても、年金型保障への関心が高く、死亡保障が減っているのは事実だ。しかし、いざというときに家族を守ることができる死亡保障を必要とする人は年代を問わずたくさんいる。ニーズは変化しているが、根本のところをしっかりやることが大切だ」


 ??海外市場の開拓にはどう取り組むのか⇒保険ブログランキングはこちら

 「日本とある程度、類似性があり、相場観の働くところでやっていく。(アジアでは)タイと中国に進出している。中国は非常に大きなマーケットで、必ず成功させなければならない。あちこちに手を出すのではなく、経営資源の投入を集中させる。中国は国内に比べればまだまだ未成熟な市場で、しばらくは赤字が続く厳しい環境にある。しかし、地道にひとつひとつを成功させていくというのが、われわれのスタンスだ」(滝川麻衣子)       ◇

【プロフィル】岡本国衛

 おかもと・くにえ 昭和44年日本生命保険入社。平成7年取締役調査部長兼広報部長。常務、専務などを経て17年4月から現職。埼玉県出身。64歳。
「金融危機には対応できる」 日本生命保険社長・岡本国衛氏 

2008/12/18/ 15:30 保険情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

ミュンヘン再保険がAIG傘下のHSBグループ買収で合意 / HOME / HSBCプレミアの保険ラインアップに新たに個人年金保険を三つ追加


コメント



自動車保険の保険料ってどれくらい差があるんだろう?と疑問に思ったらここをチェック!実際に一括見積もりを利用した20代~50代のドライバーの自動車保険の見積もり結果を徹底比較
【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

保険業界あいおい損害保険三井生命保険アメリカンファミリー生命保険明治安田生命保険日本生命保険ソニー生命保険かんぽ生命保険富国生命保険住友生命保険アリアンツ生命保険AIG&AIGスター生命保険損害保険ジャパン朝日生命保険エキスパートアライアンス太陽生命保険日本興亜損害保険ライフネット生命保険第一生命保険プルデンシャル生命保険ハートフォード生命保険カーディフ生命保険社会保険時事情報



保険モールは、従来の保険サイトとは違い、単なる無料見積り依頼だけでなくじっくりとウェブ上で各社の保険内容を見て選ぶことを可能にした新サービスです。自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。⇒生命保険の検討なら、その場で各社の保険料が見られる保険モール


ダイナースクラブカードは最短10分審査・旅行傷害保険最高1億円 詳細はこちら。

相互リンク検索エンジン~AtoZ♪Search~
総合検索:SEOアクセス向上サーチ

HOME

:保険 :生命保険 :自動車保険 :損害保険 :火災保険
保険情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。