保険情報

保険事業とは加入者数が充分大きければ危険率は一定の経験値に収束する、という大数の法則により、危険率に見合った保険料を徴収すれば収支が均衡するはずである、という考え方に基いている。

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

hoken2008

Author:hoken2008
FC2ブログへようこそ!

Googleボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
  • template by syokuyou-mogura

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

かんぽ生命保険 国債を中心にした円金利資産の運用が主体

  • かんぽ生命保険は08年度の資産運用方針で、数年後の株式上場に向け含み損を抱えないようリスクを最小限にとどめる見込み。このため価格変動の大きい資産への積極的な投資は考えておらず、引き続き、ALM(資産・負債の総合管理)の負債の特性に合致させる形で国債を中心にした円金利資産の運用が主体となる。

 かんぽ生命保険の総資産は、民営化した07年10月1日時点で約113兆円だった。
 かんぽ生命保険・運用企画部の運用評価課長、鶴山良徳氏が23日、ロイターとのインタビューで語った。⇒保険ニュースランキング
 ――今後の資産運用方針について。
 「早ければ2010年度の東証への株式上場を目指しており、それまでは資産に含み損を抱えないというのが最優先事項。これまでもリスクを取るような運用は行っていなかったが、民営化しても慎重なスタンスでの運用方針は変えていない。現段階では、積極的に資産運用に取り組んでいく前提として、システム構築や人材の教育などといった体制の整備を進めているところだ。リスク資産を保有していないので、日々のマーケットに反応しての運用も行わない予定」⇒保険ニュースランキング
 ――円金利資産の投資スタンスは。
 「2月末時点の運用状況では、有価証券は全体の78.3%。そのうち国債は62.4%、地方債が3.3%、社債が10.1%、外国証券が2.5%。今後もこの構成比率は大きく変えようとは考えていない。
 日本国債への投資は、バランス・シートの負債との年限のマッチングを考え、毎月の償還額を見ながら平準的に買っていく方針を維持する。年限は10年の長期債が中心、超長期債については20年債が中心だ。国債に振り向ける額も、前年度と大きく変わらないだろう。なお、07年度上期の国債の運用額は約4兆円、下期もほぼ横ばいだった」 
 「10年物の主力商品の予定利率を1.5%として定めているが、このところの相場は10年最長期国債利回り(長期金利)が1.5%を下回る状況が続いており、利差損が出ているので厳しい。今後は、新たな運用対象で穴埋めをする必要がある」
「10年物価連動国債はポートフォリオに組み込んでもいい商品だが、その評価がまだ不透明。場合によっては、年度内の購入はあるかもしれない。15年変動利付国債は多少保有しておりこのまま持ち続ける見込みで売ることはないが、積極的に買っていくことも考えていない」
 ──円金利資産以外の資産への投資について。
 「外国債券は信託で運用していたものを、コスト削減の意味もあり前年11月に本体に移管した。主にドル建て、ユーロ建てで、一部ポンド建てを中心とした運用方針を維持し、残高も大きく変える計画はない。07年度下期は外債を売却する場面はあったが、購入はそれほどしなかった」
 「前年12月に金融庁に認可申請が認められ、株式取得や金利先物取引などへの運用範囲が拡大した。そのうち、認可申請前から運用範囲に入っていた信託受益権について制限がなくなり、もっとも取り組みやすくなった。シンジケート・ローンと合わせて、準備が整い次第、できるだけ早く運用を始めていきたい。株式投資に関してはすでに金銭信託を通じて行っていたが、直接投資はシステムの整備や人材の育成が必要なのでやや時間がかかることになるだろう」(ロイター日本語ニュース 田中 志保記者、茂木 千香子記者)
インタビュー:株式上場に向けリスクを最小限に=かんぽ生命(Yahoo!ニュースより)

2008/05/12/ 13:50 かんぽ生命保険 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

やはりエキスパートアライアンスには許可が下りませんでしたね / HOME / カーディフ生命保険 団体信用生命保険を住信SBIネット銀行に提供


コメント



自動車保険の保険料ってどれくらい差があるんだろう?と疑問に思ったらここをチェック!実際に一括見積もりを利用した20代~50代のドライバーの自動車保険の見積もり結果を徹底比較
【無料】最大15社の自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

保険業界あいおい損害保険三井生命保険アメリカンファミリー生命保険明治安田生命保険日本生命保険ソニー生命保険かんぽ生命保険富国生命保険住友生命保険アリアンツ生命保険AIG&AIGスター生命保険損害保険ジャパン朝日生命保険エキスパートアライアンス太陽生命保険日本興亜損害保険ライフネット生命保険第一生命保険プルデンシャル生命保険ハートフォード生命保険カーディフ生命保険社会保険時事情報



保険モールは、従来の保険サイトとは違い、単なる無料見積り依頼だけでなくじっくりとウェブ上で各社の保険内容を見て選ぶことを可能にした新サービスです。自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができます。⇒生命保険の検討なら、その場で各社の保険料が見られる保険モール


ダイナースクラブカードは最短10分審査・旅行傷害保険最高1億円 詳細はこちら。

相互リンク検索エンジン~AtoZ♪Search~
総合検索:SEOアクセス向上サーチ

HOME

:保険 :生命保険 :自動車保険 :損害保険 :火災保険
保険情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。